コンビニエンスストア「ファミリーマート」は7月1日、スマートフォン(スマホ)決済サービス「ファミペイ」の提供を開始した。バーコード決済機能「FamiPay」のほか、クーポンやゲーム・スタンプ機能などを搭載。7月31日までは、FamiPayへのチャージ金額に対して最大15%還元するキャンペーンを実施する。

ファミリーマートのスマホ決済サービス「ファミペイ」が7月1日からスタート

 ファミペイを使えば、ポイントカードの提示やクーポンの利用、コード決済が一つのアプリ上で完結する。初回登録時には、人気商品の無料クーポンを配布。スタンプ対象商品を購入すれば、自動的にスタンプがたまり、一定までためるとクーポンやゲームに挑戦することができる。また、会員属性や購買履歴などの情報を基に、おすすめ商品のクーポンを配信する。
 
多彩な機能を備える「ファミペイ」

 FamiPayへのチャージ方法は2通り。店頭での現金チャージか、クレジットカード「ファミマTカード」でのチャージに対応する。特に後者は、オートチャージ機能も備える。物販で利用した場合は、支払い額200円(税込)につき1FamiPayボーナスが付与される。

 買い物内容をスマホで確認できる「電子レシート」機能、ネット通販「Kaema(カエマ)」との連携も特徴。8月に「FamiPay回数券」による買い物、11月にdポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントとのアプリ連携なども予定している。

 7月1~31日までの期間にチャージすると、チャージ額の最大15%相当のFamiPayボーナスを還元する。現金の場合は、2万円までのチャージに10%相当のFamiPayボーナスが付与される。ファミマTカードでチャージした場合は、さらに5%相当(上限2万円)のFamiPayボーナスが付与される。

 また、ファミペイアプリのアップデートに伴い、モバイルTカードは表示されなくなった。Tポイントをためる場合は、「Tカード」もしくは「Tポイントアプリ」を利用する必要がある。

 なお、7月1日の17時現在、想定以上のアクセス集中によって、アプリ「ファミペイ」につながりづらい状況が発生しているという。ファミリーマートは対策として、時間を空けての利用を呼び掛けている。