東芝映像ソリューションは、4Kチューナーを2基内蔵したタイムシフトマシン4K有機ELレグザPro「X930シリーズ」2機種(65V型/55V型)と、4K有機ELレグザPro「X830シリーズ」2機種(65V型/55V型)を6月下旬に発売する。映像制作者向け機能として、さまざまな映像情報の表示やマニュアル設定ができる「プロユース映像分析・設定機能」を搭載した。

タイムシフトマシンを搭載した東芝の4Kダブルチューナー内蔵有機ELレグザPro「65V型X930」

 両シリーズとも、専用にチューニングした2019年仕様の有機ELパネルと新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」を搭載。深層学習などのAI超解像技術を活用することで、新4K衛星放送や地上デジタル放送などをノイズの少ないきめ細かな高画質映像で再現する。
 
東芝の4Kチューナー内蔵有機ELレグザPro「65V型X930」

 HDR規格については、Ultra HD Blu-rayなどで採用されているHDR10規格、4K放送などで採用されているHLG HDR規格に加え、新たにHDR10+規格とDolby Vision規格に対応した。

 また、色温度センサーで視聴環境の照度や照明色の違い、視聴しているコンテンツを検知し、最適な画質に調整する「リビングAIピクチャー」を備え、自然で高画質な映像を楽しむことができる。

 X930シリーズには、途中から見始めた番組のオープニングに戻ったり、放送済みの番組を過去番組表からすぐに楽しめたりする「タイムシフトマシン」を搭載。7系統のHDMI入力端子やデジタルオーディオ出力端子を搭載し、多数の外部機器と接続することができる。