米Appleは6月3日(日本時間6月4日)、米サンノゼで開催した開発者向けイベント「WWDC19」で、Apple Watch用の新OS「watchOS 6」を発表した。

 watchOS 6は、ユーザーに騒音レベルを知らせる「Noise」アプリをはじめ、健康管理とフィットネスに役立つさまざまな新機能を追加。さらに、Apple Watchから直接アクセスでき、他社製アプリのインストールや検索が可能なApp Storeを新たに提供する。

 App Storeには、Apple Watchの画面に合わせてデザインしたアプリの製品ページも用意。また、デベロッパーは、iOSアプリがなくてもApple Watch上で単独で動作する、Apple Watch専用アプリを作成できるようになる。
 
Apple Watchだけでアプリの検索・ダウンロードが可能に

 新機能の一つ、「Noise」アプリは、コンサートやスポーツイベントといった聴力に好ましくない影響を与える可能性がある環境でデシベルメーターアプリがリアルタイムで検知した騒音レベルの変化を表示し、騒音レベルが聴力に影響が出始めるとされる90デシベルに達すると通知する。
 
watchOS 6で追加するNoiseアプリのイメージ。
大きな音のする環境で騒音レベルを教えてくれる

 そのほか、連携するiPhoneのアクティビティアプリに長期的な動向を表示する「Trendタブ」を追加し、その分析からコーチングを提案する機能のほか、月経周期を記録し、健康管理に役立てられる「Cycle Tracking」アプリ、ボイスメモアプリ、Apple Booksで購入したオーディオブックが聴けるオーディオブックアプリ、ダイナミックな新しい文字盤とカスタマイズする機能などを搭載する。なお、「Cycle Tracking」は、同時に発表した「iOS 13」をインストールしたiPhoneでも利用できる。
 
watchOS 6のプレビューと同時に、夏向けのApple Watchバンドが登場。
定番のスポーツバンドには新色を追加し、新たに、カナリアイエロー、ドラゴンフルーツ、コーンフラワーの
スポーツループ、新しいプライドエディションのスポーツループを発売した

 watchOS 6は、今秋の提供開始を予定しており、「iOS 13」以降をインストールした「iPhone 6s」以降と、ペアリングしているApple Watch Series 1以降に無料のソフトウェアアップデートとして提供する。