米Appleは、現地時間の9月12日(日本時間9月13日)、iPhone新モデル3機種とあわせ、美しい新ディスプレイを搭載し、新しい方法で健康管理する手助けするスマートウォッチ「Apple Watch Series 4」を発表した。

 常にiPhoneと連携して使用するGPSモデル、携帯電話通信機能を備えたGPS + Cellularモデルをラインアップ。前機種「Series 3」から加わったGPS + Cellularモデルは、日本ではソフトバンク、KDDI(au)、NTTドコモが取り扱い、9月14日16時1分から予約を受けつける。
 
Apple Watch Series 4

 製品名の通り、4世代目となり、デザインと設計を基本から一新。オリジナルデザインを継承しつつ、ディスプレイはこれまでより30%以上大きく、38mmと42mmの2種類だったケース幅は、40mmと44mmに大型化した。一方、厚さは11.4mmから10.7mmへ、わずかに薄くなっている。

 スピーカーの音は従来に比べて50%大きく、電話での通話、Siri、トランシーバーに最適化した。マイクは反響を低減し、GPS + Cellularモデルは通信機能の質も向上させた。また、サイドの新しいDigital Crownは触覚的な反応を備えるようになり、メカニカルなクリック感が加わった。センサー類には、新たに、従来より2倍高速な第2世代の光学式心拍センサー、電気心拍センサー、転倒検出を追加した。

 新OS「watchOS 5」では、強化点として、手首から直接心電図を取ることができる機能を搭載。断続的にバックグラウンドで心臓の鼓動(心拍数)を分析し、心房細動を示唆する不規則な心臓の鼓動を検知すると通知を送る機能も取り入れ、心拍が特定の閾値を超えて上下するとユーザーに注意を呼びかける。新しいECGアプリケーションは、米国のみで今年中に提供する予定。
 
新しいECGアプリを使って、Digital Crownにタッチするだけで簡単に心電図を取ることができる
(米国版のみ)

 手首の軌跡と衝撃加速度を分析し、ユーザーが転倒するとアラートを通知する「転倒検出」も可能になった。通知後60秒間動かない状態であるとApple Watchが検知したときは、自動的に救急車を呼び、同時に緊急時の連絡先に位置情報付きメッセージを送る。このほか、フィットネス・ワークアウト関連の機能も強化した。

 価格は、モデル、ケースの仕上げ・サイズと、バンドの組み合わせによって異なる。税別価格は、GPSモデルが4万5800円から、GPS + Cellularモデルは5万6800円から。発売日は9月21日。

 アルミニウム製ケースのカラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。これまでシルバーとブラックの2色だったステンレススチールには新たにゴールドステンレススチールが加わり、それに合うミラネーゼバンドを追加した。前機種「Apple Watch Series 3」も、従来より5000円安い税別3万1800円からに値下げして継続販売する。
 
アプリケーションのアイコン、ボタン、フォントがより大きくなり、一目で認識しやすくなった。
ヨガとハイキングに特化したワークアウトも追加した

 「Apple Watch Hermes」と新しいバンドは同じく9月21日に、人気ブランドとのコラボ―レーションモデル「Apple Watch Nike+」は10月5日に発売する。