3月から国内でも販売が開始されている台湾iDripのIoTコーヒーメーカー「iDrip(アイドリップ)」の特別体験会が6月7日と8日の2日間、東京港区のSHIROKANE LOUNGEで開催される。両日とも時間は11時~17時。

世界のバリスタチャンピオンのコーヒーを再現するIoTコーヒーメーカー
「iDrip(アイドリップ)」

 iDripは、専用コーヒーバッグに貼付したバーコードを本体で読み取ると、コーヒーバッグごとに設定された「注水速度」「注水量」「注水回数」「断水時間」などのデータに従って、特許を取得している独自「注水ノズル技術」で正確に温度コントロールしながら、プロのバリスタの味を再現する。

 スタイラーが、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で3月28日に販売を開始しており、製品は19年12月末までに届く予定。

 イベントでは、世界中から参画する13人のプロのバリスタが監修したオリジナルコーヒーレシピの飲み比べができる。製品が気になる人は、一足先に実物をチェックしにいくのもいいだろう。