シャープは5月20日、同社家電製品のIoTプラットフォーム「COCORO+」に対応する10カテゴリーの家電が連携する新たなスマートホームサービス「COCORO HOME」を発表した。5月24日に提供を開始する。

シャープが各カテゴリーで展開するAIoT家電が連携する「COCORO HOME」。
他社にもプラットフォームを解禁する

 連携するのはドラム式洗濯機、ウォーターオーブン、無水自動調理鍋、冷蔵庫、エアコン、空気清浄機、薄型テレビ、スマートフォン、ロボホン、ペットケアモニターの10カテゴリー272機種(2019年5月20日時点)。

 「COCORO HOME」は各カテゴリーでそれぞれ展開している「COCORO+」が収集した利用データからユーザーの習慣を学習し、「テレビ・エアコンを消して、シャッターを閉じる」などの複数家電の一括操作を提案したり、タイムラインで家電の稼働状況や関連情報を知らせたりすることができる。今後は、近所のスーパーからの特売セールなど外部情報の連携機能も順次実装する。

 今秋には他社にもプラットフォームを解禁する。現在、セコム、KDDI、関西電力などと連携に向けた取り組みを進めており、留守宅の子どもや離れて暮らす家族の見守り、食材などの宅配、家事代行、家電メンテナンスなどのサービスを提供する予定だ。