エプソンは、A4フォトスキャナ「FF-680W」を2月21日に発売する。価格はオープンで、エプソンダイレクトショップでの販売価格は税別5万9800円。

FF-680W

 「My Memory Scan~美しく残したい想い出がある」をコンセプトにした、大量の紙焼き写真を手間なく、高速に読み取り、色あせた写真の色を復元して鮮やかにデータ化するA4フォトスキャナー。シートフィーダータイプの紙送り機構を備え、紙焼き写真を一度に36枚までセットして、L判1枚を1秒の高速で連続スキャンできる。

 PC専用ソフト「Epson FastFoto」を使用し、原稿をセットしてスキャンボタンを押すだけでスキャンと同時にデータ保存まで完了。データ化した写真は「Epson FastFoto」から直接、メールに添付して送信したり、Dropbox、Google Driveへアップロードして共有したりできる。

 スキャン可能な紙焼き写真のサイズは、定型サイズ(L判/KG/2L判)のほか、六切やパノラマ、インスタント写真、長尺にも対応。スキャン解像度は、1200dpi、600dpi、300dpiから用途に合わせて選択可能で、両面同時スキャンにも対応しているので、紙焼き写真の裏側に書かれたメッセージも同時スキャンして残しておける。

 スキャン時に、色あせてしまった紙焼き写真を解析して、明るさやコントラストを自動補正する機能を搭載し、スキャンする際に1画像ごとにオリジナルと補正された画像の2つを自動でデータ化し、好みの画像を選べる。ドキュメントスキャナとしても利用可能で、A4文書なら一度に100枚まで給紙できる。

 対応OSは、Windows 10/8.1/8/7、Mac OS X 10.11.x以降。PCとの接続には、USB3.0またはIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANを使用する。