マスプロ電工は2月中旬に、カメラ単体で録画と監視ができるSDカードレコーダー内蔵監視カメラ「ASM03FHD」を発売する。価格はオープン。

ASM03FHD

 従来機種「ASM02SD」の画素数を向上。有効200万画素のCMOSセンサーを搭載し、解像度1920×1080のフルハイビジョン画質で録画できる。録画モードは、手動録画/予約録画/動作検知録画に対応。録画データにパスワードによる規制をかけられるので、不正な再生を防げる。なお、カメラからの映像出力は960×480のアナログ画質となる。

 ほかにも、屋外に設置できるIP66準拠の防じん・防水性能、周囲が暗くなると自動で切り替わり夜間撮影が可能な赤外線撮影機能、SDカードの容量が一杯になっても常に最新の録画データを上書き保存する「自動上書き録画機能」、録画保存したくない部分に最大16か所までマスクをかけられる「プライバシーマスク機能」などを搭載する。