協和ハーモネットは2019年1月下旬に、「ZERO AUDIO(ゼロオーディオ)」ブランドから、完全ワイヤレスステレオヘッドホン「True Wireless Zero(トゥルーワイヤレスゼロ)」シリーズの第1弾、「TWZ-1000」を発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万6700円前後の見込み。

TWZ-1000

 Bluetooth 5.0に対応。加えて、接続安定性と省電力性能に優れたQualcomm製の最新チップ「QCC3026」とハイスペックなLDSアンテナを採用し、接続が途切れにくく、本体だけで最長7時間、付属の小型充電ケースを使用すると最長28時間の長時間のバッテリー駆動を実現した。
 
耳へのフィット感を追求したエルゴノミクスデザイン

 ドライバーにはダイヤモンドより硬度の高いグラフェンコーティング振動板を採用し、クリアで引き締まった高音を再生する。本体にマイクを備え、ハンズフリー通話が可能。また、IPX5相当の防水性能により運動時の汗に強く、すすぎ洗いもできる。

 そのほか、専用アプリをダウンロードすることでOTA(On the Air)によるファームウェアアップデートを可能にし、ユーザビリティ向上のための追加機能の搭載も予定している。対応BluetoothプロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。対応コーデックはSBC、AAC、aptX。
 
付属の充電ケースに入れた状態。
本体には「ZERO」をモチーフにした「0」シェイプのLEDを配置し、設定するとコバルトブルーがきらめく

 耳にフィットするよう、3サイズ(S/M/L)のシリコンイヤーピース、4サイズ(XS/S/M/L)のシリコンカバーが付属する。重さは本体が約6.0g、付属のコンパクト充電ケースが約40g。