ビックカメラは12月21日、完全ワイヤレスイヤホンのビックカメラグループオリジナルシリーズ「左右(さゆう)」の“平成”モデル「FWSY31H(KB)」を1000本限定で予約販売を開始する。発売は、2019年1月下旬~2月上旬を予定している。

完全ワイヤレスイヤホンのビックカメラグループオリジナルシリーズ
「左右(さゆう)」の“平成”モデル「FWSY31H(KB)」

 「左右」は、完全ワイヤレスイヤホンの普及を目指して開発したビックカメラグループオリジナルモデルの製品。“平成”モデルは、左右のイヤホン本体のボタン部分に、平成最初の西暦である「1989」と平成最後の西暦である「2019」をデザイン。商品名「左右(さゆう)」の由来となった「H HIDARI」「M MIGI」の頭文字である「H」と「M」も残している。パッケージには、インパクト抜群の“平成”の文字を入れ、平成最後のプレゼントに最適なデザインに仕上げた。
 
パッケージには大きく“平成”の文字が

 コーデックは、高音質で音の遅延も少ない「AAC」対応で、音楽再生時間は約150分。約3回の充電ができる収納ケースが付く。電源のオン/オフや、左右のイヤホンのペアリング、Bluetooth機器との接続時には日本語でアナウンスが流れるので、初心者でも安心して使える。