ビックカメラは11月28日に、ポイントカード代わりに使える、公式スマートフォン用アプリ「ビックカメラアプリ」をリニューアルし、App Store、Google Playで配信を開始した。価格は無料。


 家電から日用品まで、興味のあるカテゴリを選択すると、そのカテゴリの商品や記事を表示する「Myカテゴリ」、バーコードをスキャンした商品の履歴の保存や商品レビューの確認ができる「バーコードスキャン履歴」、気になった商品のアプリ、Web共通の「ほしいものリスト」への登録といった新機能を追加した。

 貯まったポイントの管理もアプリ上で可能。さらに、店頭で、「ビックカメラアプリ」を提示すると、通常は有料の送料が無料になる(一部商品、地域を除く)。ほかにも、過去に買った履歴からの商品の再購入、よく行く店舗で開催されるイベント情報の配信、割引クーポン配布など、さまざまな機能を搭載する。
 
「Myカテゴリ」は、使えば使うほど、一人ひとりに合わせた情報が表示される

 なお、リニューアルを記念して、2019年1月14日まで、抽選で計50組100名に「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソンチームラボ ボーダレス」の招待券、50名に1000円分の「ビックカメラギフトカード」が当たるプレゼントキャンペーンを実施する。