MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、ドライブレコーダーを活用して安全運転をサポートする新自動車保険「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」の販売を、2019年1月以降始期契約から開始する。

 「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」は、JVCケンウッドの通信型ドライブレコーダーと最新のテレマティクス技術を活用した自動車保険。商品名は、三井住友海上火災保険が「GK 見守るクルマの保険(ドラレコ型)」、あいおいニッセイ同和損害保険が「タフ・見守るクルマの保険(ドラレコ型)」。

 事故発生時、自動車に搭載したドライブレコーダーが衝撃を検知すると、録画映像を契約する保険会社へ自動的に送信。保険金支払担当者は送信された録画映像をもとに、状況を踏まえたアドバイスなどを行い、迅速な解決を図る。

 また、付帯サービスの「事故緊急自動通報サービス」を強化。位置情報や衝撃検知時の映像を自動的にコールセンターへ送信し、専任オペレーターがドライバーに電話で連絡し、安否を確認する。さらに、ドライブレコーダーの映像から初期対応のアドバイスや、レッカー・救急車の手配を行う。
 
「事故緊急自動通報サービス」も衝撃検知時に自動送信されるドラレコの映像を活用する

 ほかにも、ドライブレコーダーの映像から危険な運転を認識した場合にアラートを発信して事故を未然に防ぐ「前方衝突アラート」「車線逸脱アラート」、従来の「GK 見守るクルマの保険(スマホ型)」「タフ・見守るクルマの保険(スマホ型)」で提供している「安全運転支援アラート」「運転診断レポート」、これらのアラートの発信時刻や発信場所、「運転診断レポート」や「事故緊急自動通報サービス」の情報を家族などとメールで共有するサービスも引き続き提供していく。
 
新機能「安全運転をサポートする前方衝突アラート/車線逸脱アラート」のイメージ

 「あおり運転」による重大事故の多発などを契機として、運転状況を録画するドライブレコーダーの需要が高まっている。MS&ADインシュアランス グループが実施したアンケート調査では、約67%が「ドライブレコーダーを欲しい」と回答。さらに、約64%が「ドライブレコーダーを活用して、安全運転をサポートするサービスを利用したい」と回答しており、今回の新しい自動車保険を開発した。