パナソニックは5月25日に、Googleアシスタント対応ワイヤレススピーカーシステム「SC-GA10」を発売する。カラーはブラック。価格はオープンで、税別の実勢価格は3万円前後の見込み。

SC-GA10
SC-GA10

 音声AIアシスタント「Googleアシスタント」を搭載し、曲名、アーティスト名、ジャンルや気分を本体に向かって話しかけるだけで音楽を楽しめるスマートスピーカー。音楽再生だけでなく、天気予報やニュースといった情報取得、スマートデバイスの操作など、「Google Home」と同様の操作に対応している。

 本体には、力強い低音を実現する8cmのデュアルボイスコイルウーハーと、独自開発のディフューザーを備え広い空間でも豊かなサウンドを満たす2cmのソフトドームツイーター×などを搭載する。また、マルチルーム再生機能を利用すれば、「Google Home」をはじめとする、Chromecast built-in対応スピーカーと組み合わせ、複数の部屋で同じ音楽を同期して一斉に再生できる。

 そのほか、レコーダー「ディーガ」に保存した音源を離れた場所でも楽しめる「サウンドジャンプリンク」機能、スマートフォン内の音楽ファイルや「ディーガ」に取り込んだ音楽ファイルを無線LAN経由で再生する「Panasonic Music Control」アプリにも対応している。対応BluetoothプロファイルはA2DP(SCMS-T対応)、AVRCP。対応コーデックはAAC、SBC。