• ホーム
  • トレンド
  • 西武線「乗車ポイントサービス」、最大12%還元の「リピートプラス」追加 2023年春から

西武線「乗車ポイントサービス」、最大12%還元の「リピートプラス」追加 2023年春から

販売戦略

2022/12/06 18:30

 西武鉄道は、西武グループ共通会員サービス「SEIBU PRINCE CLUB」に登録(スマイルリンク)したPASMOを使い、特定の条件で西武線に乗車すると「SEIBU Smile POINT」がたまる「乗車ポイントサービス」において、他鉄道会社も導入している、回数券に相当するサービス「リピートプラス」を2023年春に開始すると発表した。オフピーク通勤推進のため、池袋駅・高田馬場駅・西武新宿駅を平日朝7時30分~8時30分に出場する乗車は対象外。また、23年春から西武バス・西武観光バスも乗車ポイントサービスに対応し、鉄道とバスの両方を利用するとポイントを付与するキャンペーンを開始する予定。

「リピートプラス」の対象期間は23年4月1日~24年3月31日

モバイルPASMOでよりお得!

 リピートプラスは、西武線の同一運賃区間を同一月内に複数回乗車すると、月間利用金額に対して、利用回数に応じた進呈率でポイントを進呈するサービス。対象期間は23年4月1日~24年3月31日。詳細は決まり次第、西武鉄道のウェブサイトに公開する。

 利用回数に応じたポイント進呈率は、月5回~7回で2%(モバイル+3%=5%)、8~15回4%(同7%)、16回以上9%(同12%)。カード型PASMOとモバイル対応PASMOに差をつけ、モバイルサービスの利用を促進する。直通電車で、西武線の自動改札機を通過しない場合でも対象。ポイント進呈時期は翌月中旬の予定。
 
ポイント還元例

 独自の工夫として公式アプリ「西武線アプリ」に同一運賃区間の利用回数をチェックできる機能を追加し、簡単にあと何回乗車するとポイント進呈率がアップか確認できるようにする。なお、新サービスの開始に伴い、23年3月頃(予定)に普通回数乗車券、時差回数乗車券、土・休日割引回数乗車券、通学用割引回数乗車券(放送大学学生用・通信教育学校生徒用)の発売を終了する。
 
「PASMOチャージ」も23年4月1日スタート

 また、ためたポイントの活用方法として、23年4月1日から、セブン・ペイメントサービスの提供する「ATM受け取り(電子マネーコース)」を通じて、SEIBU Smile POINTをセブン銀行ATMで1ポイント1円としてPASMO(モバイルサービス含む)にチャージできるサービスを開始する。同様のサービスはすでに小田急電鉄も展開しており、西武鉄道の場合、ポイント交換(PASMOチャージ)は最小100ポイント以上1円単位(最大5000ポイント)、同一月内で1回までとなる。

 会員基盤となるSEIBU PRINCE CLUBについて、22年11月30日に13歳未満もスマイルリンク登録(PASMOの紐づけ)ができるように変更しているため、リピートプラスを含む乗車ポイントサービスは年齢問わず利用可能となっている。ただし、SEIBU PRINCE CLUB会員情報に紐づけできるPASMO番号は1件のみのため、13歳未満の場合、家族の同意を得たうえで、家族の「SEIBU PRINCE CLUB お客さま番号」がなければ入会できない。
ギャラリーページ

オススメの記事