• ホーム
  • トレンド
  • 新時代の買い物体験、ショッピングカートにセルフレジ機能を搭載した「Retail AI スマートショッピングカート」

新時代の買い物体験、ショッピングカートにセルフレジ機能を搭載した「Retail AI スマートショッピングカート」

 Retail AIは9月16日に、東芝テックと“新時代のお買い物体験を生み出し、流通の仕組みを革新する”という将来展望のもと、共同プロジェクトを開始したことを発表した。

Retail AIの「スマートショッピングカート」

 共同プロジェクトでは、東芝テックのグローバルリテールプラットフォーム「ELERA(エレラ)」との連携によって、小売企業の店舗運営効率化および新たな買い物体験の創出を図るべく、ソリューション提供を開始する。

 具体的には、「ELERA」上でRetail AI決済機能付きカートシステム「スマートショッピングカート」を稼働させるにあたって、小売業の顧客数社との実証実験を行い、来春を目処としたサービス開始を目指す。

 Retail AIの「スマートショッピングカート」は、ショッピングカートにセルフレジ機能を搭載することで、買い物中のストレスの一つとなる“レジ待ち”が必要ない、スムーズな会計を実現する。商品のスキャン漏れを防止する自動検知アラーム装置をはじめ、来店客の属性や購買履歴といったデータを活用して、1人ひとりに最適な商品をAIが選択し、タブレット端末を通じてオススメするレコメンド機能も備えている。

 東芝テックの「ELERA」は、クラウド上に統合されたグローバルリテールプラットフォーム。小売店は、来店客がいつ、どこで買い物をしていても、魅力的な購買体験をリアルタイムで創り出すとともに、効果測定も行える。

オススメの記事