Amazonが西日本最大の物流拠点、兵庫県尼崎市に開設

販売戦略

2022/03/22 19:00

 Amazonは3月22日に兵庫県尼崎市にアマゾン尼崎フルフィルメントセンター(以下、尼崎FC)を開設した。商品保管容量は約100万立方フィート、延べ床面積は10万平方メートル以上で、東京ドーム2個分以上の規模。西日本では最大のFCとなる。

アマゾン尼崎フルフィルメントセンターを3月22日に開設

 FC開設による雇用創出は2000人以上で、Amazonは性別・年齢・国籍を問わずに採用していくという。FC内の安全衛生を管理するセーフティー、物の流れや出荷期限を管理するエリアマネージャー、商品のピッキング・梱包・出荷作業を担うポジションなど、30種類以上の職種がある。

 先端技術にも注力しており、商品棚を持ち上げて従業員に届けるAmazon Roboticsなどを導入。ピッキング時間を削減するだけでなく、在庫保管も40%増となる。尼崎FCの開設によって日本のFCは20カ所以上、規模は1500万立方フィート以上に拡大する。

オススメの記事