• ホーム
  • トレンド
  • CFCに実店舗を併設した次世代スーパー、2026年開業 シネコンも併設

CFCに実店舗を併設した次世代スーパー、2026年開業 シネコンも併設

販売戦略

2021/12/28 18:00

 イオン、イオンモールは、イオンネクスト準備(イオンネクスト)が展開する顧客フルフィルメントセンター(CFC)を有する、イオングループ初となる「次世代型複合商業施設」を出店する。2023年春に着工し、第1期は25年春、次世代スーパーを含む第2期は26年に開業する予定。

外観イメージ

 東京都内唯一の道の駅「八王子滝山」に隣接する約10万2000平方メートルに、CFCに実店舗を併設した次世代スーパー、シネマコンプレックス(映画館)、障害者スポーツ対応施設、「八王子滝山」と連携した飲食施設などを計画している。
 
第1期・第2期開業エリア

 コンセプトは「暮らしの選択肢をもっと豊かに。彩りのある新たなライフスタイルの発信拠点」。住所は東京都八王子市滝山町一丁目885-1外。アクセスは八王子駅から約3km、中央自動車道八王子インターチェンジから約500m。映画館は八王子市内2施設目となる見込み。

 イオンネクストは、英国のオカドグループと提携して開発する次世代型オンラインスーパーマーケットの出店を計画。中核プラットフォームとなるCFCは、最新のAIやロボット技術を駆使した最先端の施設となり、AIを活用した宅配システムにより、ストレスなく利便性の高いオンラインショッピング体験を実現する。CFCはまた、災害時の食品備蓄庫や避難所としての機能も果たし、新たな時代の安全快適な街づくりにも貢献する。

オススメの記事