• ホーム
  • トレンド
  • パナソニック、月額3980円で「家電レンタル」と「食サービス」のサブスク事業に本腰

パナソニック、月額3980円で「家電レンタル」と「食サービス」のサブスク事業に本腰

 パナソニックは、キッチン家電のレンタル事業と食のサービスを組み合わせた月額3980円のサブスクリプションサービスに本腰を入れる。6月8日に開催した食サービス「EATPICK」のオンライン会見の中で、パナソニックアプライアンス社の堂埜茂副社長は、2024年度にサービス事業による売上規模を20億円とし、キッチン家電の利益ベースで2割にするとの目標を掲げた。

パナソニックアプライアンス社の堂埜茂副社長兼キッチン空間事業部事業部長

 20年5月に立ち上げた食のコミュニティサービスであるEATPICKは、1年間で25万人の会員を獲得し、延べ300万人が利用するサービスに成長した。今回、新たにアプリ版でサービスを提供することでウェブサービスからSNSへとサービス形態を一新。合わせて、キッチン家電のレンタルと食のサービスを組み合わせた「foodable」と、「おいしく腸活」の二つの新サービスを本格導入する。

 foodableは月額3980円で、次の四つのコースから選択できる。一つは「ごはんソムリエ厳選 銘柄米食べくらべ」で、毎月3種類の全国各地の銘柄米が届き、63銘柄炊き分け機能搭載の炊飯器「おどり炊き」がレンタルできるセットとなる。最低契約期間は2年間。
 
「ごはんソムリエ厳選 銘柄米食べくらべ」
 
 二つ目は「100%オーガニックスムージー 手軽においしく飲む健康」で、楽天ファームとの提携で毎月届くオーガニックスムージーキットと、パナソニックのタンブラーミキサーのセットとなる。最低契約期間は6カ月。
 
「100%オーガニックスムージー 手軽においしく飲む健康」

 三つ目は「選べるパンミックス ふっくら焼き立て初体験」で、毎月届く日清フーズの選べるパンミックス(5斤分)とホームベーカリーのセットとなる。最低契約期間は1年間。
 
「選べるパンミックス ふっくら焼き立て初体験」

 最後は「風味豊かなパンで目覚める お手軽ベイクアップ」で、国産小麦粉を使ったこだわりの冷凍パンと「オーブントースター ビストロ」のセットとなる。最低契約期間は1年間。
 
「風味豊かなパンで目覚める お手軽ベイクアップ」

 いずれも、最低契約期間が完了した後は1カ月単位の自動更新となる。最低契約期間中の中途解約は、別途解約手数料7960円がかかる。また、最低契約期間の満期後に解約したい場合、キッチン家電は買取(別途買取料2200円)や返却(送料は顧客負担)を選択することができる。

 また、おいしく腸活は月額3980円の6カ月プランでサービスを開始。サイキンソーと協業して自宅から依頼できる腸内フローラ解析(1回)など腸活キットと、一人ひとりの腸内環境にパーソナライズされたレシピや献立提案、腸活コミュニティ、オリジナル発酵食や腸活食材の購入などのサポートが受けられる。

 パナソニックでは、今後も顧客の反応を見ながらキッチン家電以外にもサービスを広げていく計画。会見の中で堂埜副社長は、「白物家電の製造をやめるわけではない」と今後もメーカーとしてのモノづくりを続けていくことを念押ししながらも、製品から得られる利益以上に新しいサブクスリプションサービスの利益率が大きい点をアピールした。(BCN・細田 立圭志)

オススメの記事