• ホーム
  • 業界動向
  • 「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」、大好評で一時出荷停止

「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」、大好評で一時出荷停止

販売戦略

2021/04/08 19:00

 アサヒビールは、4月6日から酒類を取り扱うコンビニエンスストアで先行発売した「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」の出荷を一時停止した。

出荷が一時停止された「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」

 生ジョッキ缶は、ふたが全開できて生ジョッキのように楽しめる缶ビール。容量は340mlだが、開栓するときめ細かい泡が出てくるという新発想の商品だ。製造工場は茨城工場、神奈川工場、名古屋工場、吹田工場としている。

 先行発売後、販売数量が想定を大きく上回り、コンビニエンスストアの各店舗で品薄状態になっている。こうした需要に対し、商品供給が追い付かず出荷を一時停止せざるを得なくなったという。現時点では出荷再開の見込みは立っていないが、4月20日の全業態発売に向けて準備を進めている。

オススメの記事