食べられるコップ!? アサヒビール「もぐカップ」がオンラインショップで発売

新製品

2021/03/11 16:30

 アサヒビールは、丸繁製菓と共同開発した食べられるコップ「もぐカップ」をオンラインショップ「もぐカップショップ」で3月10日に発売した。あわせて、新フレーバー「ナッツ」を追加している。

もぐカップ

 もぐカップは、アサヒビールの飲料容器に関する知見と、食べられる器「イートレイ」を展開している丸繁製菓の技術力によって実現した飲料容器。従来、もぐカップは飲食店などにおいてフードやドリンクを用いたテスト展開を行っていたが、「家でも使ってみたい」「アウトドアでのごみ削減に活用したい」「ギフト向けに購入したい」といった要望が多かったことから、もぐカップショップを開設して一般販売を行う。
 
「もぐカップショップ」のイメージ

 一般販売の開始にあわせて追加されたナッツは、国産のじゃがいもでん粉にヘーゼルナッツパウダーを混ぜ、高温高圧で焼き固めたもので、テスト展開で寄せられた「健康的なイメージで、飲み物と相性が良いナッツ味がほしい」という声を受けて開発された。

 アサヒビールでは、使い捨てプラスチック問題に関心が集まる中、もぐカップを幅広い人に購入してもらえるオンラインショップを開設することによって、“使い捨て容器”から“使い食べ容器”という新たな食のライフスタイル浸透を目指す。

オススメの記事