• ホーム
  • 業界動向
  • ビックカメラ、「アミュプラザくまもと店」が3月5日オープン 九州初のカメラお試しサービスも

ビックカメラ、「アミュプラザくまもと店」が3月5日オープン 九州初のカメラお試しサービスも

店舗

2021/02/25 19:00

 ビックカメラはJR熊本駅前に立地する「ビックカメラ アミュプラザくまもと店」を3月5日にオープンする。4月23日に開業予定の「アミュプラザくまもと」に隣接する。
 

ビックカメラアミュプラザくまもと店」の外観イメージ

九州地区で初の「テイクアウトレンタル」も展開

 1階と2階のツーフロアで、面積は約2200平方メートル。3階は100円ショップの「Seria」が出店する。1階は、スマートフォン(スマホ)やオーディオ、美容家電など、若い年齢層や女性層をターゲットにした商品、2階は冷蔵庫洗濯機のほか、おもちゃなど、主にファミリー層向けの商品を販売する予定だ。

 店内には「くらし応援」サービスサポートカウンターを設置し、PCやスマホなどデジタル製品の困りごとを解決する。カウンターは、ビックカメラグループのソフマップが運営し、サポート専門のスタッフが対応する。
 
ソフマップの専門スタッフが対応するサービスカウンター

 売り場には商品選びに役立つ「選びのポイント」を解説するPOPを設置したり、販売員の体感・体験からの「手書きPOP」を設置したりするなど、カタログではわからない店舗ならではの商品選びを提案する。

 駅前立地という利便性を生かして、地元に会社を構える法人向けの販売にも対応する。ビックカメラの専門担当者が訪問して、OA機器やオフィス、店舗向け家電製品の提案など、顧客のビジネスをトータルでサポートする。

 さらに、カメラの新しい選び方として、カメラを購入する前に有料で借りて試すことができる「テイクアウトレンタル」のサービスを、九州地区で初めて導入する。店頭で気になったカメラをお試しでレンタルして、気に入ったらそのまま購入、気に入らなかったら返却することができるサービスだ。
 
九州で初の導入となる「テクアウトレンタル」サービス

 ビックカメラ公式アプリとも連動し、買い物履歴やポイント残数、お得なセール情報などを確認できるほか、購入したい商品の在庫状況も確認できる。また、店舗の在庫を取り置きしたり、取り寄せ依頼ができる「ネット取り置きサービス」に対応するなど、ビックカメラの便利なサービスと連携する。

 3月5~7日、13日、14日の5日間は、オープン記念キャンペーンを実施。1等はビックカメラギフトカード 5000円分(10名)、2等はスイーツギフト 3000 円分(40名)、3等はビックカメラギフトカード 1000円分(200名)などの賞品がその場で当たるガラポン抽選会なども開催される予定だ。

オススメの記事