• ホーム
  • 業界動向
  • ソフマップ、ビックカメラグループで買った家電製品が買取アプリ「ラクウル」に自動登録

ソフマップ、ビックカメラグループで買った家電製品が買取アプリ「ラクウル」に自動登録

 ビックカメラグループのソフマップは、買取アプリ「ラクウル」に搭載する「持ち物帳」機能を更新。ビックカメラグループで購入した家電製品などがポイントカードと連動して1月21日に自動登録されるようにした。

買取アプリ「ラクウル」の新機能が追加

 ラクウルの持ち物帳は、ビックカメラコジマソフマップで購入して登録した家電製品の、ソフマップにおける買取価格が分かる機能。今回の自動登録は、主に、PC、スマートフォンタブレット端末カメラ、ゲーム機、ゲームソフトが対象となる。
 
ビックカメラグループのポイントカードと連携し、購入した対象製品が自動登録。買取価格と連動

 例えば、持ち物帳にビックカメラ、コジマ、ソフマップが発行するポイントカードを登録するだけで、購入した家電製品が持ち物帳の資産に自動登録される。これらは、ソフマップの最新の買取価格と連動するので、保有する対象製品の価値が簡単に確認できる。
 
保有する家電製品の資産状況が確認できる

 従来は手入力でしなければならなかった登録作業が自動化されることで、今まで以上の買取サービスの利用促進につながる。

 持ち物帳で新たに追加された具体的な機能は、登録商品の買取価格推移を示すグラフの表示や、アラート設定した金額で売り時を知らせてくれる通知機能、ビックカメラグループ各店での購入場所・購入日や保証期間を確認できる管理機能などとなる。
 
設定した買取価格を設定すれば、売り時をアラートしてくれる

 ラクウルは、2018年7月にリリースした買取アプリで、PC、カメラなどのデジタル家電やゲームはもちろん、フィギュア等のホビー商品、また衣類、ブランド品、アウトドア、ゴルフ用品などの幅広い品目の買取に対応している。

 アプリから手続きした後、箱に梱包して集荷を待つだけという手軽さから、利用が広がっている。申込後の配送料金は全て無料となるため、店舗に持ち込む手間や待ち時間などを気にせずに利用できる。

オススメの記事