ビックカメラグループは、同グループが提供する買取アプリ「ラクウル」で、出張買取を開始した。全国90店舗の買取店を運営するエコリングとの協業で実現した。

ビックカメラグループの買取サービス「ラクウル」で新たに始まった
出張買取サービス

 ラクウルは、ユーザーが買い取ってもらいたい商品をスタッフが引き取りに行く買取サービス。消費者は、来店することなく、自宅にいながら商品を買い取ってもらうことができる。これまでは、商品が集荷されてから査定を行い、買い取りが確定してから入金という流れだった。

 新サービスの出張買取では、査定員が直接ユーザーの家に訪問し、その場で商品を査定、商品の引き取り、ウォレットへの入金まで行う。消費者は、本人確認書類と振り込み口座を登録したのち、訪問希望日を指定。電話で担当者に希望の査定品詳細を伝え、訪問日を決定する。

 同社によれば、出張買取でのキャッシュレス入金は業界初となるという。買取金額はウォレットにたまり、現金かビック買取マネーで受け取ることができる。出張地域は、東京、神奈川、千葉、埼玉の関東エリアからスタートし、徐々にエリアを拡大していくという。