• ホーム
  • 業界動向
  • 多機能ペンの新トレンドか!? MONO消しゴム搭載の「モノグラフマルチ」をチェック

多機能ペンの新トレンドか!? MONO消しゴム搭載の「モノグラフマルチ」をチェック

時事ネタ

2021/01/31 18:00

【思わず使いたくなる文房具あれこれ・47】 青・白・黒のカラーリングで馴染み深い、トンボ鉛筆の「MONO消しゴム」。ロングセールを誇るだけに、1度は使用した経験があるのではないだろうか。そんな人気のMONO消しゴムと多機能ペンを融合したアイテムが「MONO graph MULTI(モノグラフマルチ)」だ。

人気消しゴムと多機能ペンが合体

 これまでにも消しゴムつき多機能ペンは数多く販売されてきたが、その使い心地に満足できない人は多いようだ。以前、トンボ鉛筆が600人を対象に調査を実施したところ、約半数のユーザーが多機能ペンの付属消しゴムに不満を抱えていたという。

 ユーザーの不満を解消するために誕生したモノグラフマルチ。今回チョイスしたのは、502円で販売されているモノカラータイプで、パッケージや本体にはMONO消しゴムをアピールする青・白・黒の3色。ぱっと見ただけでブランドが一目瞭然というのも面白い。
 
MONO消しゴムを象徴するカラー

 グリップは、ラバータイプではなくプラスチック製。握ってみると重心が頭側にあり、少し滑りやすいかもしれない。本体内に0.5mmのボールペン(黒・赤)と0.5mmのシャープペンシルを収納していて、クリップ部分を回すと簡単にペンの種類が交換できた。
 
グリップはプラスチックタイプ

 ボールペンには、超低粘油性インク「エアータッチインク」を採用。紙にインクが乗りやすく、すらすらとした書き心地が気持ちいい。
 
超低粘油性インクを採用したボールペン
 
滑らかな書き心地が持ち味

 さらに、先端パーツをつまみながら回せば、トンボ鉛筆自慢のMONO消しゴムがちらりと見える。人気ブランドの実力を改めて見せつけるように、シャープペンの文字はわずかな力でもあっという間に消えていった。
 
本体頭部にすっぽり収まったMONO消しゴム
 
さすが人気ブランドが誇る実力だ


 多機能ペンの消しゴムに使いにくさを感じている人は、ぜひモノグラフマルチを手にしてみてほしい。(フリーライター・藤崎恭弥)

※記事中の価格、情報はライター購入時のAmazon実売価格・情報です。

■Profile
藤崎恭弥

30代男性。妻と息子の3人家族。仕事はウェブの広告系で、会社で副業が解禁されたことでフリーライターの道に。昔から無類の文房具好きで、有名メーカーの新作や無名メーカーの謎商品を都度購入して試している

オススメの記事