• ホーム
  • 業界動向
  • マーカーあるある「文字がにじむ」を解消! 150円のボールペン「サラサマークオン」をチェック

マーカーあるある「文字がにじむ」を解消! 150円のボールペン「サラサマークオン」をチェック

時事ネタ

2020/12/20 19:30

【思わず使いたくなる文房具あれこれ・41】 筆記用具の中でも、圧倒的に使用率が高い“ボールペン”。とはいえ、水性インクがほとんどで、蛍光ペンを重ねるとインクがにじんでしまう。そんなデメリットを見事解消したのが、ゼブラのジェルボールペン「サラサマークオン」だ。

見た目は普通のボールペン

 以前、ゼブラでは「学生の授業ノートに関する調査」(対象/全国の高校生100人)を実施し、「ノートを取る際に、失敗してしまった経験がありますか?」と質問。すると、「大事なところに蛍光ペンを引いたらにじんで汚くなってしまった」という回答が、過半数に近い47.6%にも達した。

 多くの学生を悩ませる“ボールペンと蛍光ペンの相性の悪さ”。もちろん、学生だけでなく書類にマーカーを引く機会の多い社会人にとっても厄介な問題だろう。ゼブラのサラサシリーズから登場したサラサマークオンは、ジェルインクに新成分を配合。従来品に比べて耐水性がアップしたことで、紙への固着性を高めたという。
 
果たして使い心地は?

 カラーバリエーションに、黒、赤、青の3種類があり、今回はボール径0.4mmの黒インクをチョイス。書き心地はこれまでと変わらず、スラスラと紙に文字を書くことができた。
 
ボール軽は0.4mm
 
従来のボールペンと変わらない書き心地

 それでは、実際にマーカーを重ねてみよう。5秒ほど経過してから文字の上にラインを引いてみたが、インクがにじむ気配は全くない。なお、ゼブラ公式サイトによれば、何度もマーカーを引いた場合や紙質によってはインクがにじむそうなので注意が必要だ。
 
マーカーを重ねてもにじまない!

 価格は、従来のボールペンとほぼ同額の150円(税別)。きれいなノートや書類を作成するためにも、その使い心地をぜひ確かめてみてほしい。(フリーライター・藤崎恭弥)

※記事中の価格、情報はライター購入時のAmazon実売価格・情報です。

■Profile
藤崎恭弥

30代男性。妻と息子の3人家族。仕事はウェブの広告系で、会社で副業が解禁されたことでフリーライターの道に。昔から無類の文房具好きで、有名メーカーの新作や無名メーカーの謎商品を都度購入して試している

オススメの記事