• ホーム
  • 業界動向
  • アイリスオーヤマ、ソフトバンクロボティクスと合弁会社を設立

アイリスオーヤマ、ソフトバンクロボティクスと合弁会社を設立

経営戦略

2021/01/27 18:00

 アイリスオーヤマソフトバンクロボティクスグループは、合弁会社「アイリスロボティクス株式会社」を2月1日に設立すると発表した。新商品開発力とメーカーベンダー事業を通じて、さまざまな知見を持つアイリスオーヤマと、AIロボットOS分野で高い技術を持つソフトバンクロボティクスグループが提携することで、法人向けサービス・ロボット分野での市場創造を目指す。

アイリスオーヤマソフトバンクロボティクスグループの合弁会社「アイリスロボティクス」
 
 記者会見に登壇したイリスオーヤマの大山晃弘社長は、「当社はウィズコロナに対応するため、マスクやAIサーマルカメラなどの感染症対策商品を販売してきた。その中で、さらに非接触化の推進を図るため、合弁会社の設立に至った。また、ロボットを通じて、労働者不足や就業問題などの社会課題に取り組み、持続可能な社会の実現にも貢献していく」と展望を語った。2025年までに、累計1000億円の事業規模を目指すという。

 同じく登壇したソフトバンクロボティクスの冨澤文秀社長兼CEOは、「アイリスオーヤマのマーケットインの発想からくる開発力と、当社のロボティクス技術を組み合わせれば、さらに便利な世の中が実現できるはず」と期待を込めた。

 新会社の事業は大きく三つ挙げられる。一つは、「AI除菌清掃ロボット「Whiz i アイリスエディション」や、配膳・運搬ロボット「Servi アイリスエディション」などの「法人向けサービス・ロボットの提供と販売」。二つ目は、ロボットを業務に取り入れるまでのコンサルティングやオペレーターを派遣する「サービス・ロボットによる業務変革ソリューションの提案」。三つ目は、各業界のニーズを踏まえて、掃除ロボットや配膳ロボットに続く「法人向けサービス・ロボットの新商品開発」だ。

 新会社の出資比率は、アイリスオーヤマが51%、ソフトバンクロボティク
グループが49%。代表取締役社長は、アイリスオーヤマの大山社長が務める。

オススメの記事