• ホーム
  • トレンド
  • アイリスオーヤマ、法人向け「掃除ロボット」に参入 マーケティング提案も視野に

アイリスオーヤマ、法人向け「掃除ロボット」に参入 マーケティング提案も視野に

 アイリスオーヤマは11月10日、ソフトバンクロボティクスが開発・製造する除菌清掃ロボット「Whiz i(ウィズ アイ)」をベースに多様な業種の利用ニーズに合わせて最適化できるAI除菌清掃ロボット「Whiz i IRIS EDITION」を発売する。掃除ロボット事業は同社にとって新規参入となる。

AI除菌清掃ロボット「Whiz i IRIS EDITION」

販促やマーケティングへの活用も視野

 Whiz iは、床清掃を目的とする自律走行が可能な乾式バキュームクリーナーの除菌清掃ロボット。アイリスオーヤマが発売するWhiz i IRIS EDITIONは、清掃業務の自動化だけでなく、空間に浮遊する菌量の削減や、ウイルス・細菌の除菌に加え、様々な外部機器と接続できるコネクタによりスピーカーカメラを使った販促やマーケティングへの活用といった、掃除にとどまらない多様な付加価値を提供する。

 具体的には、オフィス・商業施設・宿泊施設・レジャー施設などで、LED照明事業で採用している通信プロトコル「LiCONEX」と連携し、Whiz i IRIS EDITIONで取得した清掃データと照明環境などの空間情報、施設情報を組み合わせることで、同社の法人向け事業との融合性を高め、効率的な施設管理ができるソリューションの提供を通じた業界の変革を促進していく。

 Whiz i IRIS EDITIONの主な特長は、除菌機能により空気中の浮遊菌を5分の1に減少することが可能。人の手で掃除しきれなかった床の汚れに含まれる菌やウイルスは、空気中に舞って浮遊菌が発生するが、Whiz i IRIS EDITIONで全面清掃を行うことで、空気中の浮遊菌を大幅に減少し、空気を清浄に保つことができる。
 

 また、AIが掃除ルートを自動で定めて床面をまんべんなく清掃する。これにより、施設では「感染症対策」、「清潔さ」といった消費者のニーズに応え、施設の価値向上につなげることができる。さらに、Whiz i IRIS EDITIONに床掃除を任せることで、人が清掃するコストを削減でき、その人を別の業務に充てることができるため生産性の向上を図ることも可能となる。

オススメの記事