HIROBAは、「#コンパクトワーキング」の実現に向けた研究成果報告の第1弾を9月26日に公表した。

「#コンパクトワーキング」とは「1日5時間で年収500万円」を達成する働き方

 #コンパクトワーキングは、「1日5時間で年収500万円」を達成する新しい働き方で、時間的な自由度と金銭的な生産性において、フルタイム正社員とフリーランスの中間に位置する。

 同社は、#コンパクトワーキングが少子高齢化の進む日本における大きな課題である、労働生産性の向上と賃金の引き上げを同時に解決できる働き方になると考えている。
 
少子高齢化の進む日本では“労働生産性の向上”と“基本賃金の引き上げ”が大きな課題に

 同社の定義する#コンパクトワーキングの目的は、「効率的な働き方を進めて、無駄な仕事をなくす」「既存の働き方に不自由さを感じている人たちを笑顔にする」の2点であり、#コンパクトワーキングの推進を通じて豊かな社会の実現を目指している。

 今回、行われた第1弾の研究成果報告では、バックオフィス業務がテーマとして掲げられた。バックオフィス業務が選ばれた理由は、バックオフィス業務が企業の成長に伴って業務量が増加していく傾向にあることと、バックオフィス業務に対して業務効率化を実現するサービス(SaaS)が数多く提供されていることの2点が挙げられる。
 
バックオフィス業務は企業の成長にともない業務量が増加傾向にある

 同研究成果報告で公開された報告書では、バックオフィス業務担当者への現状インタビュー、「1日5時間勤務」の社内実証実験、およびこれらをもとにした#コンパクトワーキングの実現に必要な要素の定義をまとめている。