• ホーム
  • 業界動向
  • ドコモショップの「無料充電」終了へ、モバイルバッテリの有料レンタルに変更

ドコモショップの「無料充電」終了へ、モバイルバッテリの有料レンタルに変更

 NTTドコモは8月17日から順次、INFORICH(インフォリッチ)が提供するモバイルバッテリレンタルサービス「ChargeSPOT」の「バッテリースタンド」を、全国のドコモショップに設置している。

全国のドコモショップにモバイルバッテリレンタルサービス「ChargeSPOT」が導入

 ChargeSPOTは、全国約1万6000カ所のバッテリースタンドから、モバイルバッテリのレンタルが可能なサービス。専用アプリで会員情報を登録することによって誰でも使え、使用したバッテリは空きがあればどのバッテリースタンドでも返却できる。
 
「ChargeSPOT」の利用手順

 レンタル料金は、最初の1時間までが150円、以降48時間まで300円で利用が可能。48時間を超えた場合は、最大7日間(168時間)まで1日(24時間)当たり150円で使える。

 NTTドコモとINFORICHは、2019年3月19日~2020年7月31日の期間に、32店舗のドコモショップで「ChargeSPOT」の実証実験を行っており、ユーザーの利便性向上を実現できたことから、全国のドコモショップへの「ChargeSPOT」導入に至った。

 なお、ChargeSPOTの導入にあたって、これまでドコモショップで提供してきた無料充電サービスは終了する。また、7月9日から「d払い」のミニアプリとしてChargeSPOTが対応しているので、d払いユーザーはChargeSPOT公式アプリのダウンロードや会員登録、決済手段の設定を行うことなく、ChargeSPOTの使用を始められる。

オススメの記事