小田急電鉄は、小田急線の駅構内にINFORICHのモバイルバッテリシェアリング「ChargeSPOT(チャージスポット)」を小田急線の5駅に設置、スマートフォン(スマホ)充電器のシェアリングサービスを4月24日に開始する。

「ChargeSPOT」のバッテリ

 駅構内に設置するのは、新宿駅、下北沢駅、新百合ヶ丘駅、相模大野駅。町田駅では南口改札外コンコースに設置する。モバイルバッテリ20個分のスロットを搭載した大型タイプで、レンタルした駅だけでなく他の設置駅やSPOTでも返却できる。料金は、48時間以内まで300円(最初の1時間は150円)。48時間以降、2280円でバッテリ返却が不要となる。災害時には、緊急モバイルバッテリとして無料で活用が可能だ。

 デジタルサイネージも備えていて、シェアリングサービスの操作説明が流れることで初めてでも安心して利用できるほか、沿線情報や観光、イベント情報などを紙ポスターに替えて発信することで環境負荷低減にもつながる。

 ChargeSPOTは、「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに、2018年4月にサービスを開始。全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に設置場所を拡大している。