ソフトバンクグループ(SBG)は7月29日、新型コロナウイルス検査の検体を採取する唾液PCR検査を提供する新会社「新型コロナウイルス検査センター」を設立すると発表した。


 国立国際医療研究センターと、PCR検査の高頻度実施によるクラスターの抑制や早期発見、拡大防止の効果検証を行うことを目的とする共同研究に向けて協議を実施しているという。まずは、グループ従業員を対象に唾液PCR検査を試験的に開始し、今後は福岡ソフトバンクホークスの選手にも新型コロナウイルス検査センターが検査を提供する。

 また、希望する自治体や法人などに実費負担だけで検査を提供できるように整備していく予定。利益が出た場合は医療機関などに寄付する。

 SBGは、既に抗体検査を全国の医療機関やグループ従業員、取引先など4万4066人を対象に独自に実施。その結果を6月9日に公表し、社員が安心して働ける社内環境の整備と企業活動推進の出口戦略「ソフトバンクモデル」構想を発表。その一環としてグループ全社員に抗体検査と唾液PCR検査を組み合わせた自主検査の徹底を目指す。