米アドビの日本法人であるアドビシステムズは6月18日、社名を「アドビ株式会社」に改名した。

 アドビは、独自のデジタル変革として、個別のソフトウェアをパッケージ型で販売する永続型ライセンスモデルから、クラウドベースのサブスクリプションモデルへ移行。

 12年に「Adobe Creative Cloud」を発表し、「Adobe Document Cloud」、「Adobe Experience Cloud」の三つのクラウドサービスを立ち上げ、デジタルエクスペリエンスを人々に提供するプラットフォーム企業へと進化してきた。また、18年に米アドビが社名をAdobe SystemsからAdobeに変更している。

 アドビのジェームズ・マクリディ社長は、「当社はソフトウェアの提供だけにとどまらず、優れた顧客体験を実現するソリューションを提供している。『世界を変えるデジタル体験を』というミッションのもと、あらゆる分野で創造性を刺激し続け、顧客のさらなるビジネス向上を今後も支援していきたいと考えている」と述べている。