福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、当面、無観客での開催となるプロ野球公式戦の開幕を盛り上げるため、ソフトバンクが提供する5G時代ならではの臨場感あふれる視聴体験を実現するコンテンツ配信サービス「5G LAB」とのコラボレーション施策を、6月19日の開幕戦に合わせて実施する。

コカ・コーラシートからの視聴イメージ

 今回の取り組みによって、5G LABのサービスである「VR SQUARE」「FR SQUARE」「AR SQUARE」で提供する、ソフトバンクホークス関連のコンテンツを自宅でさらに楽しむことが可能となる。

 VR SQUAREでは、福岡PayPayドームで開催するソフトバンクホークスの公式戦全60試合を4台のカメラでVR(仮想現実)ライブ配信する「ソフトバンクホークスチャンネル」を提供しているが、無観客試合の期間は、ライトスタンドのカメラを人気のコカ・コーラシートに移設する。これによって、選手に近いコカ・コーラシートから、さらに臨場感のある映像を楽しめるようになる。

 また、クラブホークス会員とタカポイント会員、ホークス筑後ファンクラブ会員全員に、ソフトバンクホークスチャンネルの31日間無料視聴券をプレゼントするキャンペーンを実施する。会員ではない人にも、PayPayドームで開催する千葉ロッテマリーンズとの開幕3連戦を無料で配信する。

 FR SQUAREでも、PayPayドームで開催する千葉ロッテマリーンズとの開幕3連戦を無料で配信する。FR SQUAREでは、映像を自由に回転させて好きな視点で視聴することができる。

 AR SQUAREでは、「いざゆけ若鷹軍団」のBGM付きのハリーホークのAR(拡張現実)をラインアップしている。今後、ARを用いたキャンペーンなど、自宅観戦をSNSでも盛り上げる企画を実施する予定。