ソフトバンクは5月25日、新卒採用選考で応募者をより客観的に統一された軸で評価することを目的に、動画面接の評価にエクサウィザーズと共同開発したAI(人工知能)システムを5月末から導入すると発表した。


 ソフトバンクでは、応募者の選考会場への移動にかかる時間や費用を軽減するために、総合職のエントリーシート選考後に実施していたグループディスカッションや集団面接を1月に廃止し、以前からインターンシップの参加者選考で導入している動画面接に変更している。

 今回開発したAIシステムは、インターンシップの選考で提出された動画データと、熟練の採用担当者による評価などをエクサウィザーズの動画解析モデルに学習させることで、新たに提出された動画の評価を自動で算出するもの。AIシステムが合格基準を満たすと判定した動画については、合格として次の選考を行い、不合格と判定した動画については人事担当者が動画を確認し、動画面接の合否を最終判断することで選考の正確性を担保する。

 AIシステムの導入によって、ソフトバンクは動画面接の選考作業にかかる時間を約70%削減することを見込んでいる。これによって創出した時間を、就労体験型のインターンシップの拡充や、求めるスキルを持つ人材へのアプローチなど、応募者とのマッチングを促進するための新たな取り組みにあてていく。

 また、同社は17年5月からIBM Watsonを活用しており、エントリーシート選考にかかる時間を約75%削減している。今後もITの積極的な活用により新たに創出した時間で、応募者とソフトバンクにとって最適で、より戦略的な採用に注力していく。

 なお、動画面接では応募者との対面での接触が発生しないため、新型コロナウイルス感染症の影響下で、結果的に応募者と社員の安全確保につながった。動画面接以降の面接については、3月2日からオンライン会議システムを活用し、応募者と面接官が遠隔地から双方向にコミュニケーションを取る形式で実施しており、当面の間はこの形式を継続する。