• ホーム
  • トレンド
  • ハイエンドコンデジ「RICOH GR III」の特別仕様、3500台限定で登場

ハイエンドコンデジ「RICOH GR III」の特別仕様、3500台限定で登場

販売戦略

2020/06/15 16:00

 リコーリコーイメージングは、ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」の塗装を特別仕様に変更し、専用のファインダー、ストラップをセットにした「RICOH GR III Street Edition Special Limited Kit」を、世界3500台限定で7月17日に発売する。価格はオープンで、税込みの実勢価格は14万5800円前後の見込み。

RICOH GR III Street Edition Special Limited Kit

 RICOH GR III Street Edition Special Limited Kitでは、都会のアスファルトの上で輝くStreet Photographerの個性を象徴するカラーリングをイメージして、本体にメタリックグレーの塗装を施すとともに、リングキャップにアクセントカラーの山吹色を採用した。

 細かく塗料を散らして塗装する工程を何度も繰り返すことで、表面の独特な風合いと滑らかながらホールドしやすい機能性を兼ね備えている。

 限定の専用アクセサリとして、カメラ本体と同様の塗装を施した外部ミニファインダーと、本革製の専用ハンドストラップが付属する。外部ミニファインダーの上面には、GRの画角を象徴する「28」の文字が印刷されており、ストラップのストッパーパーツにカメラ本体と同様に山吹色を採用することによって、カメラとの一体感を高めた。

 シャッターボタンを一気に押し込んだ際に、あらかじめ指定した距離にピントを合わせて撮影可能な「フルプレス スナップ撮影」は、本体背面の液晶モニタのタッチ操作からでも実行できる。なお、背面液晶からのフルプレス スナップ撮影は、後日のファームウェア更新によって通常モデルへの追加も予定している。

 そのほか、電源オフ時にはストリートをイメージした背景と専用ロゴをあしらった、特別な終了画面を表示する。

オススメの記事