ambrは、VR SNS「仮想世界ambr」のオープンアクセス(β)を5月25日に開始する。5月15日に事前登録の受け付けを開始した。
 


 ambrは、誰もが好きなアバターになって集まり、自由にコミュニケーションを楽しむことができる新しい仮想世界。気になるルームに参加したり、自分でルームを開いたりして、友達や全く知らない人、コミュニティとつながることができる。VRデバイスを通じて、自宅から無料でアクセスできる。

 ambrの世界では、誰もが好きな姿で過ごすことが可能。ambrで手に入れることができるアバターのほか、オリジナルなアバターをambrにアップロードできる。また、他のクリエイターがつくったアバターを利用することもできる。

 さらに、誰もが簡単に仮想世界に自分のルームを開くことが可能。例えば、バーチャルバーを開いて、VR飲み会を楽しむことができる。また、VTuberやVRゲーム、現実世界にある施設とコラボレーションしさまざまな空間が登場する予定。

 今回のオープンアクセス(β)によって、対応VRデバイスを従来の「Oculus Go」に加え、「Oculus Rift(Rift S)」、「HTC VIVE」に拡大する。ambrアプリは、Oculus GoストアとSteamストアから無料でダウンロードできる。

 なお、5月20日までに事前登録を行うと、ambr内で利用できるambrポイントをプレゼントする。