KDDIとUQコミュニケーションズは5月14日、UQコミュニケーションズのUQ mobile事業(SIMカードによる通信事業)を、会社分割によって2020年10月1日をもってKDDIが承継することを各社の取締役会で決議した。

 通信サービスのブランド名は「UQ mobile」から変更せず、KDDIの通信サービスとして、「au」と「UQ mobile」の2ブランドで引き続き展開する。
 
KDDIの通信サービスは「au」「UQ mobile」の2ブランドに

 UQ mobileの契約数は200万件。統合によって、5G本格化に向け、グループ経営資源の集約による営業体制、サービス競争力の強化、事業構造の効率化を図る。なお、KDDIの連結業績に与える影響は軽微だが、中長期的には収益の向上に寄与すると見込む。