KDDIとソフトバンクは、4月1日に合弁会社「5G JAPAN」を設立した。携帯通信事業における競合2社が手を組むのは、第5世代移動通信システム(5G)ネットワークの早期整備を推進するため。両社が保有する基地局を相互利用しながら、工事設計や施工管理を進めていく。

KDDIとソフトバンクが5Gの早期整備に向けて4月1日に設立した合弁会社「5G JAPAN」

 5Gネットワークは、28GHz帯や3.7GHz帯のような高い周波数を用いるため、遠くまで電波を飛ばすことができない。全国整備には膨大な数の基地局の設置が必要で、長期にわたる工事と多額な投資がともなう。2社でリソースを共有すれば効率は上がるとして、19年7月に共同で推進することに合意した。

 新会社の資本金は5億円で、株主はKDDIとソフトバンクが50%ずつ。共同CEOとして、代表取締役社長にはKDDIから出向した寺尾徳明氏、代表取締役副社長にはソフトバンクから出向した大瀧栄司氏がつく。