NTTドコモ、KDDIと沖縄セルラー、ソフトバンクとウィルコム沖縄は4月3日、新型コロナウイルス感染症の影響の拡大、学生のオンライン事業でのスマートフォン(スマホ)・タブレット端末の利用拡大を支援するために、使用者の年齢が25歳以下の場合に、追加データの購入料金を最大50GBまで無償化すると発表した。契約者が25歳以上であっても登録済みの使用者が25歳以下なら対象。ただし、適用期間はキャリアによって異なる。


 ソフトバンクとウィルコム沖縄は「ソフトバンク」に加え、「ワイモバイル」も対象。通常は有料のソフトバンクのテザリングオプションの利用料も無償化する。追加データの購入はオンライン(My Softbank/My Y!mobile)のほか、電話からも可能。対象期間は4月3日から30日まで。

 ドコモは「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」として、ルータやタブレット向けを含む5G/Xi/FOMAの対象プランを対象に、2020年4月・5月の2カ月間に適用した「スピードモード(事前に指定した容量まで自動チャージ)」と「1GB追加オプション(手動チャージ)」を50GBを上限に無償化する。申し込みは不要。なお、従量課金の「ギガライト」「ベーシックパック」などは、ステップ4まで利用した後に支援措置が適用される。

 KDDIと沖縄セルラーは、auのスマホ(5G・4G LTE)、ケータイ(4G LTE)、タブレット(4G LTE)のデータ定額サービス・料金プランを対象に、月間データ容量超過後にチャージした利用分のうち、50GB分までの利用料金・テザリングオプション利用料を無償化する。対象期間は4月3日から30日まで。

 なお、各社とも、端末故障のための交換、学割の契約など、店舗でしかできない手続きを除き、オンラインでの手続きを推奨している。また、来店する場合は、インターネットや電話から可能な「来店予約」を利用して欲しいと呼びかけている。