ネットオークションサイト「ヤフオク!」は、3月14日から当分の間、オークション形式でのマスクの出品を禁止する。新型コロナウイルス感染症の影響でマスクなどが品薄状態になっていることを踏まえ、経済産業省からの要請を受けて対応した。並行して、マスクの適切な価格かつ小ロットでの販売推進に関する対策を強化する。

3月14日以降、ヤフオク!ではオークション形式でのマスクの出品ができなくなる

 ヤフオクは「お知らせ」の中で、3月14日以降は即決価格のみで入札を受け付ける(フリマ定額)設定ではない出品を発見した場合は、削除などの措置をとると出品者に呼びかけている。

 また、フリマ(定額)設定だったとしても、必要な量のマスクがより多くの消費者の手にわたるよう、小ロット単位で出品するよう協力を求める。なお、社会通念上不相当な価格が設定されていると運営が判断する場合や、多量のマスクをセットで出品していると判断されるものは、削除などの措置を実施するとしている。

 フリマアプリの「メルカリ」でも、社会通念上適切な範囲でのマスクの出品、購入を呼び掛けている。管理体制も強化しており、取引状況によっては入手経路の確認や商品の削除・利用制限などを行っている。

 さらに、政府からの要請と補助金により、マスクメーカーの増産体制も整備される予定。必要な人の手にマスクが渡る状態に近づきつつあるようだ。