アイリスオーヤマは3月4日、新型コロナウイルス感染者が増加している北海道の住民に配布するマスクとして、100万枚を提供すると発表した。

アイリスオーヤマがマスク100万枚を北海道への配布用として提供する

 3月1日の「新型コロナウイルス感染症対策本部」で政府が表明した、「政府がメーカーや輸入業者からマスクを買い取り、感染者が増加している北海道の住民に配布する」という方針に応えた格好だ。

 厚生労働省によると、売渡しを受けたマスクは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、地方自治体からの要望なども踏まえ、感染者の割合が特に大きい地域に配布する。まずは、中富良野町や、集団感染者の発生などによる今後の患者数増加が懸念される北見市を対象としている。配布方法は、日本郵便の配達網を活用する予定だ。

 アイリスオーヤマは、今後も行政や業界団体と連携を図りながら、必要な支援を実施していくとしている。