現在の文房具ブームは、SNSの投稿をきっかけにして人気が拡散するケースが多い。クツワが提供している消しゴム「磁ケシ」もそんな逸品。鉄紛入りの黒い消しゴムは、ケースの底が磁石になっており、近づけると消しクズを集めることができるのだが、あるアイディアで知名度を上げた。

消しクズを集めることができる消しゴム
「磁ケシ」はアイディア勝負で人気に

 そのアイディアがユニークな消しゴムケース。例えば、頭部の薄いおじさんの磁ケシ(愛称は「お磁ケシ」)は、消しクズがくっつくとまるでふさふさの髪の毛のよう。ケースの底を引っ張ると消しクズが落ちて、再び頭部が露わになるのも独特の侘しさがあって味わい深い。
 
発売当初はシンプルなケースを採用していた
 
人気を高めたおじさん柄のケース。
頭部の消しクズがまるで髪の毛のよう!

 おじさん以外にも犬柄のケースもあり、くっついた消しクズを集めた犬が手を伸ばすと消しクズが落ちる仕かけになっている。こうしたストーリー性のあるギミックは子ども受けを狙ったものだが、SNSの力で幅広い年齢層に拡散。インスタ映えする消しゴムとして話題になった。
 
可愛い犬柄ケース。
手を伸ばすと消しクズが落ちる
 
2月下旬に発売するペンタイプ

 2月下旬には、ペンタイプの磁ケシも登場。こちらはネタより実用性を重視したもので、例えば楽譜に書いたメモを消す際にこぼれた消しクズを効率よく取り除くなどのシチュエーションで重宝されているそうだ。(BCN・大蔵大輔)