楽天モバイルは1月23日、「無料サポータープログラム」の2次募集を開始したが、即日定員に達し受付を終了した。4月から本格的に開始するMNOサービスをいち早く無料で体験できるとして、応募が殺到。対応端末のラインアップに追加された楽天モバイル初のオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」も注目度が高かった。

楽天モバイル「無料サポータープログラム」の2次募集は即日終了した

 無料サポータープログラムは、楽天モバイルの独自回線を先行体験できるプログラム。2019年10月の1次募集は抽選で5000人が対象だったが、今回は先着2万人が対象だった。対象端末を購入したり、アンケートに回答すると特典が付く。なお、申し込むには東京23区、名古屋市、大阪市、神戸市在住の満18歳以上が条件となっていた。

 2次募集で、キャリア事業と並んで注目を集めたのは、「おサイフケータイ」対応(FeliCa搭載)スマホで世界最小・最軽量の「Rakuten Mini」。サイズは高さ106.2×幅53.4mm、重さは79gと、片手で操作できるコンパクトサイズを実現している。税込価格は2万1800円。SIMはeSIMを採用。通話アプリとして利用できる「楽天Link」は同アプリの利用者間だけでなく、固定電話にも発信が可能だ。
 
注目度の高かったFeliCa搭載スマホで世界最小・最軽量の「Rakuten Mini」

 楽天モバイルのキャリア事業は、基地局の設置が遅れたことで、本格スタートが計画よりも後ろ倒しになった。ただ、同社の山田善久代表取締役社長は、「現在は計画以上のスピードで基地局の設置が進んでいる」と、4月の本格スタート時には遅れを取り戻せると強調。利用中に独自回線の範囲外へ出た際、au回線への接続もスムーズになるよう改善を重ねているという。2次募集をかけることでより多くのユーザーの声を集め、サービス向上を図る。(BCN・南雲 亮平)