テレビ朝日が「シャドウバース」などの大会を放送するようになるかもしれない。CyberZは、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日と、eスポーツ分野で協業すると発表。今後は、日本最大規模のeスポーツイベント「RAGE」のイベントや大会、リーグ企画・制作・運営、配信、放送を3社で提供していく。具体的な競技としては、「シャドウバース」や「ストリートファイターV アーケードエディション」などを視野に入れているという。

eスポーツイベントRAGEにテレビ朝日が参画

 具体的には、大会やリーグの企画・運営・配信をCyberZが、イベントの制作・プロデュースをエイベックス・エンタテインメントが、映像制作・地上波放送をテレビ朝日が担当する。

 CyberZの山内隆裕代表取締役社長は、「今後、さらに幅広い方々にeスポーツを楽しんでいただくためには、スター選手を生み出すことが最重要事項だと考えている」とコメント。3社でパートナーシップを組むことで、eスポーツ選手たちを露出する機会を増やしていく姿勢だ。

 これまで2年間、CyberZと協業しているエイベックス・エンタテインメントの黒岩克巳代表取締役社長は、「新たにテレビ朝日も参画するということで、高いクオリティの映像制作力と、より多方面に対してのメディア発信力が加わることに、大きな感謝と期待を感じている」と、露出増に期待する。

PR


 新たに加わるテレビ朝日の亀山慶二代表取締役社長は、「『eスポーツ』をテレビ朝日の新たな放送/配信コンテンツとして確立していくことを固く決意している。これまで当社は、さまざまなスポーツイベントの放送/配信を通して、感動や興奮を日本中に届けてきた。これらの経験や知見を生かし、eスポーツが日本の文化として根付くよう、真摯に役割を果たしていく」とコメントしている。

 3社は今後、オンライン、オフラインに加え地上波メディアを活用することで、新たなファン開拓を目指した幅広い層への知名度向上をはかり、eスポーツ市場のさらなる発展に取り組んでいくという。