日本マクドナルドは4月10日、静岡県内の75店舗で「未来型店舗体験」を導入した。顧客の一人ひとりに充実したサービスを提供するため、「ゲストエクスペリエンスリーダー」「テーブルデリバリー」「モバイルオーダー」を各店舗に導入。新施策では、来店前にマクドナルドの専用アプリから商品を注文し、スマートフォン(スマホ)決済サービス「LINE Pay」などで決済できるようにした。沖縄に試験導入した際のオンライン決済はクレジットカードのみだった。

静岡県内の75店舗でスマホ決済サービス「LINE Pay」を開始

 マクドナルドの「未来型店舗体験」は、1月に沖縄で導入して好評を得た施策だ。「ゲストエクスペリエンスリーダー」とは、来店から退店まで来店客の店舗体験全体をサポートするスタッフのこと。メニュー選びで困っている客や、空いている席を探している客などに寄り添う役割を担う。
 
「ゲストエクスペリエンスリーダー」を導入

 「テーブルデリバリー」は、スタッフが食事をテーブルまで届けるサービス。来店客は、購入後、番号プレートを持って席に着き、待ってるだけで食事が運ばれる。
 
テーブルまで食事を届ける「テーブルデリバリー」

 「モバイルオーダー」は、来店前にスマホのアプリで商品の注文ができるサービス。来店前に「LINE Pay」やクレジットカードなどで決済すれば、事前に商品が準備され、来店時にできたての商品がすぐにピックアップできる。来店前にメニューからじっくりと商品を選べるほか、店舗で行列に並ばずに受け取れるなど、メリットは多い。今後、楽天ペイのオンライン決済や、d払いでも利用可能になる予定だ。

 マクドナルドでは2015年から店舗改装を進めている。注文カウンター上のメニューボードを電子ディスプレイに切り替えたり、客席エリアにデジタル掲示板を設置したりするなど、「未来型店舗体験」を効果的に実施するための地盤を固めてきた。新サービスや店舗改装を通して、「別次元のサービススタンダード」を実現していくという。