楽天グループの楽天ペイメントは、ファミリーマートと提携した。11月から、全国のコンビニエンスストア「ファミリーマート(ファミマ)」約1万6000店舗において、共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」が使えるようになる。


 ユーザーは、対象店舗でのお会計の際に楽天ポイントカードもしくは楽天ポイントカードアプリを提示すれば、買い物金額に応じて「楽天スーパーポイント」をためることができる。ポイント付与率は200円(税込)の支払いで1ポイント。また、支払い時にポイントを利用することもできる。

 さらに、今夏に決済機能付きスマートフォンアプリ「ファミペイ」上に、共通ポイントサービスとの連携機能が搭載される予定。ファミマユーザーは、ファミペイ上でも楽天ポイントカード機能を手軽に利用できるようになる。