4月8日から、LINEで「スターバックス(スタバ)カード」が発行できるようになった。個人情報の入力などの会員登録が不要な、プリペイド式のバーチャルカードで、LINE Payのほか、現金やクレジットカードからチャージできる。発行方法と使い方はシンプル。混雑しがちなスタバのレジで、釣り銭や小銭の計算をする手間が省けそうだ。

LINEで会員登録が不要なスタバカードが発行できるようになった

 「LINE スターバックス カード」の作り方は、まずLINEのウォレットからマイカードに進み、「LINE Starbucks Card」を選択。タップして「取得する」から、規約に同意する。進んだ先の画面で「次へ」を選択し、再び規約に同意すると、「新規発行」するか、「My Starbucks会員」と関連付けるかを尋ねられる。
 
LINEウォレットのマイカードから「LINE Starbucks Card」を選択

 新規の場合は、そのまま発行する。「My Starbucks会員」の場合は、関連付けることで、ロイヤリティプログラム「Starbucks Rewards」の「Star」と呼ばれるポイントを、すでに持っているカードとLINEのカードで共有できるようになる。
 
新規で発行する際は、一度本当にMy Starbucksの会員か否かを尋ねられる

 また、新規発行した場合は、その時点でMy Starbucksの準会員になる。準会員は、Starをためることはできるが、ドリンクやフードと交換できる「eTicket」の発行には使用できない。eTicketを発行する場合は、個人情報やID、パスワードを入力する必要がある。
 
LINE スターバックス カードの画面。LINE Payからチャージできる

一声かけるとスムーズ

 LINE スターバックス カードの使い方は、マイカードから「LINE Starbucks Card」を選び、会計時にレジでバーコードを読み取ってもらうだけ。「LINE スターバックス カードで」などと一声かけると、スムーズに会計が進むだろう。会計金額50円につき、「Star」を一つ獲得することができる。
 
LINE スターバックス カードのバーコードをレジで提示すれば決済できる

 バーチャルカードのイラストは可愛らしく、ロード画面はコーヒーが注がれる様子で表現。クールになりがちなデジタルサービスだが、LINEのスターバックスカードはどこか温かみのあるデザインだった。
 
ロード画面はコーヒーが注がれるシーンになっている

 これまでスタバのカードは、一部の熱心なファンが利用する会員サービスだった。スタバは、LINEのスタバカードをリリースすることで、この状況を変えようとしている。個人情報を入力する手間や使い方などがハードルになり、スタバカードの発行に至っていなかったユーザーを取り込む狙いだ。7900万人のユーザーを抱えるLINEと提携することで、さらなるファン獲得を目指す。