LINEとスターバックス コーヒー ジャパン(スタバ)は4月8日、東京で会見を開き、2018年12月に結んだ包括的な業務提携の内容について発表した。発表同日から、LINE内で「LINE スターバックス カード」の発行を可能にしたほか、スタバの「LINE 公式アカウント」を開設。現在は一部店舗のみだが、今後は順次、LINE Payで決済できるようにしていくという。

LINEとスターバックス コーヒー ジャパンが業務提携の内容を発表した
(左から、LINEの出澤剛社長と、スタバの水口貴文最高経営責任者)

「LINE スターバックス カード」とは?

 「LINE スターバックス カード」は、LINE ウォレット機能の一つ「マイカード」からの発行が可能なプリペイド式のバーチャルカード。個人情報やID、パスワードの入力が不要で、タッチしていくだけで発行することができる。現金以外にも「LINE Pay」からの入金に対応。実質、LINE Payでの支払いが可能になった。
 
LINE スターバックス カードにはLINE Payから入金可能。
入金はもらえるくじの付与対象にもなる

 発行する際に、「My Starbucks会員」と関連付けるか、新規に発行するかを選択する。会員の場合は、スターバックスのロイヤリティプログラム「Starbucks Rewards」のポイントが共通になるが、残高は共有されない。新規の場合は、会員登録不要でStarbucks Rewardsの準会員になり、ポイントを受け取ることができる。なお、ポイントと「eTicket」を交換する場合は、会員登録が必要になる。

LINE 公式アカウントで実店舗のようなコミュニケーション

 スタバのLINE 公式アカウントでは、新商品や季節のおすすめ情報などを配信する。また、お気に入りの一杯を探すことができる「カスタマイズ」機能の実装や、飲み物と食べ物の組み合わせの提案なども行う。

 スタバの水口貴文代表取締役最高経営責任者(CEO)は、「当社が多くの方に支持をいただいているTwitterやInstagramのようなオープンな場とは異なり、LINEは親しい人とコミュニケーションをとる、比較的に閉じられた空間。LINEでは、1to1でお客様に寄り添う、店舗での接客のようなコミュニケーションを図り、スタバとお客様の関係を深めていきたい」と展望する。

 同じ会見で、LINEの出澤剛代表取締役社長は、スタバの全店舗に「LINE Pay」決済を導入すると発表。18年末から東京と福岡市内の一部店舗でテスト運用してきたが、今後はさらに拡大していくという。