スターバックスコーヒージャパンは2月28日、東京・中目黒に世界で5カ所目となる、焙煎工場と一体になった店舗「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」をオープンした。開店直後は整理券を配布しており、記載されているQRコードをスマートフォンなどで読み取ると、自分の前にあと何組が待っているのか確認することができる。

東京・中目黒にオープンしたスターバックスの高級店
「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」
 
整理券のQRコードを読み取ると、おおよその待ち時間が分かる

 100種類以上のユニークなコーヒーやティー、バラエティ豊かなグッズ類、日本初となるイタリアの本格ベーカリー「プリンチ」、アルコールなどが楽しめる。建物は4階建てで、店舗外観のデザインには、日本を代表的する建築家である隈研吾氏が携わった。インテリアデザインには日本各地の職人の技と伝統技術を取り入れ、天井は折り紙をモチーフにしている。

 店舗は焙煎工場も兼ねており、1階のメインバーでは生豆から一杯のコーヒーになるまでの過程を見て楽しむことができる点も特徴。世界のロースタリーの中で最も背の高い貯蔵タンクが圧巻だ。同店で焙煎した「TOKYO ROAST」を全国で楽しめるよう、28日から3日間は、全国のスターバックスでドリップコーヒーとして提供する。
 
世界のロースタリーの中で最も背の高い貯蔵タンク(キャスク)
 
焙煎工場と一体になっている

 また1階では、「バレルエイジド コールド ブリュー」などのスターバックス リザーブのコーヒーを用いた多彩な飲み物や、「プリンチ」では手作りの本格的なイタリアンアルチザンブレッドを焼きたてで提供する。中には1000円を超えるコーヒーもある。
 
1階はメインバーになっている

 2階は、日本のお茶を楽しむことができる世界最大級の「ティバーナ バー」。鮮やかなピンクのアイスキャンディをジャスミンティーにトッピングした「ポップン ティー さくら ジャスミン」など、日本独自の素材や個性的なフレーバーを用意している。

 3階にある日本初上陸のカクテルバー「アリビアーモ バー」では、革新的なミクソロジーやクラフトカクテルを提供する。コーヒーやティーをモチーフにしたロースタリー限定のカクテルやワイン、ビールなど新しいバー体験ができる。

 今後、花見の季節が到来すれば、さらに注目を集めることになるだろう。整理券の配布や入場制限は、今後もしばらく続きそうだ。