インタセクト・コミュニケーションズが提供するマルチ決済アプリ「IntaPay」が、中国決済サービス「WeChat Pay」「Alipay(支付宝)」に加えて、国内向け決済サービス「PayPay」と「楽天ペイ」の利用が可能となった。


 ユーザーが提示する決済用QRコードを自動判別して決済することが可能となり、4種の決済方法を同一の管理画面で確認できるようになった。アプリは、iOSやAndroid端末で利用できるようになるほか、中国のPOS機器大手の商米科技(sunmi)が開発したモバイル型決済端末(SUNMI)、POS連携やQRスキャナー機器、ウェブ決済、アプリ決済でも対応が可能となる。